ヒッピー部 vol.3『Happy Map』

先進的な美術や写真をテーマにしたパフォーマンスを行っている団体です。
今回は、「土地に引かれた境界線」と「一枚の写真と写真における編集」を強引に重ね合わせて考えることで垣間見える、 新しいレポートとは何か、を模索しようとした作品です。

作品・展示のこだわったところ。見て欲しいポイント

色鮮やかな色彩の絵と、美しいポートレートのプロジェクション写真をもとに作られた作品です。
東北大震災におけるメディアの状況を通して、自分たちの今いる場所を表明する、という大きな社会的テーマのあるパフォーマンスでもあります。

展示・作品で伝えたい内容。作品に対する想い。

一つのものごとが一本の境界線によって、二つに分割する瞬間にこだわって構成を考えました。
一つではなく、二つになることで、関係性が生まれ状況が生まれます。今回の作品は、2枚の写真、写真と人間、絵と写真、など、様々な2つのモノゴトが対立して、ぶつかりあい、そしてとけ合う、そんなダイナミズムを見せられたらと考えております。

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます

展示情報 : ヒッピー部 vol.3『Happy Map』

展示期間:2012年2月27日(火)~3月4日(日)

SNAC/無人島プロダクション&吾妻橋ダンスクロッシング

〒135-0022
東京都江東区三好2-12-6-1F
tel. 03-6458-8225 / fax. 03-6458-8226

http://snac.in/

出展メンバー

プレゼン代行者:大場みなみ、小笠原悠紀、崎浜純
構成/演出:三野新
映像協力:小森はるか他
美術:謝花翔陽
音楽/音楽装置:齋藤俊太

topへ