氾霊 -HANRYOU-

展示についてのコメント

こだわったところ。見て欲しいポイント

私たちふたりとも日本家屋で展示会をしたいという共通の希望があったため、
そこでの展示をイメージしながら作品の制作を行いました。
今回希望が叶い、その作品を実際に日本家屋で展示できました。
ご来場いただく方には、私たちなりに考えた展示の仕方と
日本家屋独特の空気感から醸し出される雰囲気を楽しんでいただきたいです。

作品・展示で伝えたい内容、作品に対する想い

美術作品の中には社会に対してメッセージを提示している作品も多い中、
私たちは、日本家屋で自分たちの作品を展示したいという一直線な想いを作品に込めました。
氾霊というタイトルには、私たちの想いを込めた作品を今回の展示場所である
市田邸に配置した時に、その霊(たましい)がこの場所を満たしてゆく、
広がっていく、というイメージを表しています。
独特の空間に配置した、作品から溢れる想いを感じ取っていただけたら幸いです。

旅籠屋「覆水」(はたごや「ふくすい」)

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます

アイデンティティ

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます

氾龍図(はんりゅうず)

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます

まちぼうけ

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます

魑魅(すだま)

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます

手乗り龍 ほか

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます


手乗り龍


シロコウモリ


やさぐれ猫


空柄(そらがら)


龍「斑」(たつ「まだら」)

心象風景(しんしょうふうけい)

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます

展示情報 : 氾霊 -HANRYOU-

展示期間:2012年9月6日(木)〜9月10日(月)

上野 市田邸

住所:東京都台東区上野桜木1-6-2

開催時間:13:00-19:00

出展メンバー:佐野 藍、森澤 麻紀子

topへ