個展 小金澤京「湿原」

展示についてのコメント

こだわったところ。見て欲しいポイント

耽美的な世界が好きで、今まで多くの作品を制作してきました。
オーブリー・ビアズリーを尊敬していることもあり、モノトーン作品が好きなのですが、
最近では、積極的にカラーやアクリル等の技術を取り入れ、新たな世界を追求しています。
ひとつでメッセージを伝えている作品もあれば、物語をイメージして複数にわたって展開しているものもあります。
作品が放つ空気感、物語を楽しんでいただきたいです。

作品・展示で伝えたい内容、作品に対する想い

人はネガティブから抜け出す時が一番純粋でパワーがあると考えて作品を制作してきました。
展示名となっている「湿原」って、足下が悪く歩くのが大変です。
不快感や焦燥感を募らせると思います。
そういうネガティブからポジティブに転換する一瞬を作品に表現しています。
作品に込めた、そうした想いを感じ取っていただければ幸いです。

若きものども

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます

過ぎゆく景色

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます

ウィドクム イン ザ  ムア

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます

大衆へ捧ぐ

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます

絵本

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます

離別

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます

器

サムネイルをクリックすると拡大写真がご覧いただけます

展示情報 : 個展 小金澤京「湿原」

展示期間:2013年2月13日(水)〜2月18日(月)

住所:
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-20-18
DESIGN FESTA GALLERY HARAJUKU
ギャラリーEAST 102

出展メンバー:
小金澤京

topへ